すべては患者さんのために

私たちは皆様一人ひとりの笑顔のために
全力を尽くします

最新最高の医療を
届けることにより
患者さんと御家族の
幸せに貢献する

私たち信州大学外科学教室の使命は、目の前の患者さんに最新最高の医療を届けることにより患者さんと御家族の幸せに貢献することです。それ以上も以下もありません。そのために我々外科医師は、たゆまぬ基礎・臨床研究を行い、また一職人として日々新しい治療法や手術手技の開発、手術手技の改善、自己研鑽に努めるのです。

教授 副島雄二

診療科紹介

  • 消化器外科

    消化器外科

    主に食道、胃、大腸の病気を扱う消化管グループと主に肝臓、胆嚢、膵臓の病気を扱う肝胆膵グループがあります。

  • 移植外科

    移植外科

    肝臓の移植医療を行っています。膵島細胞移植も始まりました。

  • 小児外科

    小児外科

    小児ヘルニアや先天性疾患、小児固形がんの診療を行っています。

外科専門研修プログラム

信州大学を基幹病院として
長野県内と山梨県の連携病院30施設と合わせ31施設で構成
全施設での年間手術症例数は1万例を超え、募集選考医数は20名です。

プログラムの特徴

  • 基幹施設である信州大学附属病院と、地域の複数の連携施設をバランスよくローテーションすることにより、臨床能力、手術技量、問題解決のための思考法を身につけることができる。
  • 手術手技の経験・習得・技術向上に力点を置いたプログラムであり、技術的に抜きんでたプロフェッショナルな執刀医の育成を目指す。
  • 外科系subspecialty研修プログラムとの連携が考慮されており、subspecialty専門医の取得を見据えた研修が可能。
  • 個々人の成長に合わせた担当指導医の個別指導によるバックアップを3年間一貫して行う。

信州大学での外科専門研修計画

専攻医は専門研修施設群内の施設で専門研修指導医のもとで研修を行い、専門研修指導医は、専攻医が偏りなく到達(経験)目標を達成できるように配慮します。専攻医は、定期的に開催される症例検討会やカンファレンス、抄読会、CPCなどに参加します。

また、臨床現場以外でも知識やスキル獲得のため学会やセミナーに参加します。セミナーには学会主催または専門研修施設群主催の教育研修(医療安全、感染対策、医療倫理、救急など)、臨床研究・診療試験の講習(eラーニングなど)、外科学の最新情報に関する講習や大動物(ブタ)を用いたトレーニング研修が含まれます。

専門研修中の年度毎の知識・技能・態度のプロセス

  • 専門研修
    1年目

    外科医としての基本となる知識、技能、外科医としての態度を習得します。基本的に信州大学で消化管および腹部内臓領域、乳腺領域、小児外科領域、呼吸器領域、心臓・大血管、末梢血管領域、頭頸部・体表・内分泌外科領域及びそれぞれの領域の内視鏡外科の研修を計1年間行います。

    • 各分野目標経験症例10例以上
  • 専門研修
    2年目

    専門知識、専門技能、経験症例の知識を習得し、専門研修1年目の研修事項を確実に行えることを踏まえ、不足した領域の症例経験と、低難度手術から術者としての基本的スキル習得を目指します。外傷領域、消化管および腹部内臓領域の研修をさらに深めます。また、医の倫理や医療安全を習得し、プロフェッショナリズムに基づく医療を実践できるようにします。

    • 目標累積経験症例200例以上
    • 累積術者50例以上
  • 専門研修
    3年目

    サブスペシャルティまたはそれに準じた外科関連領域の基盤となる外科領域全般の専門知識、専門技能、経験症例の知識を習得します。専門研修2年間で習得できなかった領域の修得を目指します。専門研修2年間の研修事項を確実に行えることを踏まえ、より高度な技術を要するサブスペシャルティ(一般・消化器外科、心臓・血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺外科、内分泌外科)またはそれに準じた外科関連領域の研修を進め、外科専門医を取得します。また、学会発表・論文執筆の基本的知識を身に付けます。外科専門研修を通して、倫理観に根ざした患者中心の安全な医療を実践し、研修医や学生などのロールモデルとなります。

    • 累積経験症例350例以上
    • 累積術者120例以上
    • 学術発表で外科専門医取得に必要な業績20単位以上
  • 専門研修2年目、3年目は、連携病院での研修を1年ずつ行います。1年間は大規模病院に、もう1年は中小規模病院で地域医療に基づいた研修を行います。

詳しくは
「外科専門研修プログラム概要」
をご覧ください

連絡先

信州大学医学部 外科学第一教室
統括医長 北沢 将人

TEL 0263-37-2654 FAX 0263-35-1282

E-mail:

お知らせ

ページトップへ戻る